鬱になりやすい性格とは

私の経験ですが、性格によって鬱になりやすい、なりにくいというものがあると思います。

今回はどのような性格の方が鬱になりやすい傾向があるかという話です。

まじめ

やはりこれが一番だと思います。

私も「ど」がつくほどの真面目でした。

仕事にも真面目。まっすぐに生きる。それゆえ一つでもミスをしたもんなら自分を許せなくなっていました。

サラシーマンとして生きるならこうあるべきだ!という理想像があり、それに近づけるよう常に全力疾走。

仕事を辞めて何事も6割の力でこなす方がいいと本当に思うようになりました。

仕事においても全力で!というとすごく聞こえはいいですが、クレームや事故など通常の仕事外で起こってしまった出来事の処理や自分の力量以上の仕事を振られた時、もうすでに限界で仕事をしているので人は容量オーバーになってしまいます。

容量オーバーなのにさらに働くと…

・ミスが目立つ

・仕事が粗くなり、ほかの人に迷惑をかける

・単純な作業一つでも完璧にこなせなくなり、全体的に雑になる

というふうになります。

さらにそれが繰り返されると、なぜミスが多いのかということすらわからなくなり、自分を責めてしまうようになってしまいます。

聞こえは悪いかもしれませんが、少しだけ手を抜くのを覚えるのも仕事をこなすうえでいいのではないでしょうか。

優しい

あなたは上司からある仕事を任されたサラリーマンだったとします。

その仕事は限界以上に働くあなたにとって、限界だけれどもまだ頑張れそうな仕事です。

けれどほかの人でもできるのではないかな…と思うような仕事です。


いついつまでにこの仕事やっといて!

となったときに


はい!がんばります!

となるのか


うるせえ!なんで俺がやらなきゃいけねんだ!

と思うのかで、この先何が待っているか違ってきます。


はい!がんばります!

前者は確かに頑張り屋さん。周りから見てもきっとあの人はがんばっているなと言われるようないい人だと思います。

しかし、当の本人的には仕事のキャパはもう超えてます。けど言われたことをきっちりこなさなきゃという思いで頑張ります。

結果は…想像つくと思いますが、どの仕事も雑に終わってしまいそうです。

そして、優しいからどんどん仕事が舞い込んできて自分で自分の首を絞める結果が訪れそうです。


うるせえ!なんで俺がやらなきゃいけねんだ!

後者は気が強い人。私は気が強い人のほうが要領よく仕事を終わらせられると思います。

その仕事はそもそも自分でしなくちゃいけないのか?

仕事を振ってくる目の前の上司がしてもいい仕事なんじゃないか?

まず上司に仕事を振られた時に、仕事を自分が受け入れるべきなのかを考えると思います。

そして、自分がしなくてもいいと思ったときに「ほかの人に任せよう!」となり、手が空いていそうな人に仕事を振って、自分は自分の仕事をきっちりこなしていきます。

そうなるとあいつは仕事を要領よくこなすな!という評価につながります。

仕事は結果がすべて。

前者の人は「頑張っているけど結果につながらない」

後者の人は「容量がいい」

もちろん前者のタイプで快く仕事を引き受け、なおかつ自分の仕事を完璧にこなす人もいます。

そういう人は天才タイプだと思いますが、私は残念ながらそうではなく凡人以下だとつきつけられ思い知らされたタイプです。

気を使いすぎる人

気を遣うのはサラリーマンとしてだけでなく、社会人としてマナーです。

しかし、気を遣いすぎるのはいかがなものかと思います。

先ほどの例で、逆にあなたはだれかに仕事を任せる上司です。仕事を任せるのはこいつに決めた!と後輩A君に仕事を任せます。


A君仕事お願いします!


任せておいてください!

この時必要以上に気を遣ってしまう人は

・仕事お願いしたけど言い方とか大丈夫かな?

・A君結構仕事抱えているけど任せてもいいんだろうか。

・仕事つらくないかな…

仕事を任せたときに、こういう思いを持ったことはありませんか?

あるという方、気を遣いすぎです。

正直部下からすると、あなたは仕事を振ってくるめんどくさい上司のうちの一人。

それ以上でも以下でもありません。

その人がどんないい方しようが、どんな仕事を振ってきようが、ただただめんどくさい以上の感情は向けられません。

それに対して「大丈夫かな…」とか「嫌な思いしてないかな…」と思っても無駄です。

むしろ仕事を部下に振ってその部下が成長する可能性もあります。

きっと気が使えるあなたなら思うことが難しいかもしれませんが、さらに昇進するなら部下は自分の駒だと思いきることもサラリーマンとして生き残るなら必要な条件です。

私はどうしても、部下のことを駒と思えず、会社から降りかかってくる仕事を気を遣いすぎるがあまりにほかの人に振ることができず自分で手一杯になる質です。

まとめ

まじめでやさしくて気が遣えるというとほぼほぼどんな人でも当てはまります。

そうです、日本人がこのような性格です。だからこそ日本人は鬱の人が多いのです。

ご自身がもし上記の性格に当てはまると思った方は、降りかかる会社から、上司からの仕事を要領よくこなすために、誰かに仕事を任せてしまいましょう。

これは会社が憂鬱な人のためのブログです。そこから進んで鬱にならないためにも、自分を守るためにも、ほかの人に仕事をまかせて自分は少しでも休憩してください。


転職・キャリアランキング