仕事をやめようと思ったきっかけ

まずは鬱を治さなくちゃという思いから仕事を辞めました。

当時の私は体調に変化が現れるほど、鬱の進行も進んでいて、毎日生きているだけでも精いっぱいでした。

これ以上症状が進む前に仕事をやめよう。

という以外にもいくつか理由があります。

もし今鬱だけれど、なかなか仕事を辞められない方へ。仕事を辞めるきっかけになればいいかなと思います。

鬱になった

これはやっぱり第一です。

このブログのメインテーマでもある通り、私は鬱になり、本当に死にかけました。

早く仕事やめなければ死んでしまう。

明日出勤したら胃に穴が開いて入院生活になる。

これ以上続けていたら心がおかしくなる。

そう思い仕事を辞める決心がつきました。

いや、むしろそこまで追いつめられなければ、今なお鬱と一緒に出勤していたでしょう。

彼女のために

当時彼女と同棲していました。

彼女も正社員として働いてくれていました。

自分のためにご飯を用意してくれて、自分が帰るまで決してごはんには手をつけず、けなげに待ってくれていました。

翌日仕事が早番だとしても、布団で寝ることはなく、私が帰宅するのを眠い目をこすりながら待ってくれていました。

仕事が溜まってどれだけ、サービス残業したとしても。

家に帰っても泣いてばかりだとしても。

鬱で何の感情もないロボットのようになったとしても。

ろくにかまってあげられなかったとしても。

ずーっと待っていてくれました。

そんなけなげな彼女をサービス残業を終え0時を超えて帰宅し、涙ながらに抱きしめたことが何度もあります。

「遅くなって本当にごめんね」と。

そして、彼女のためにも定時出勤定時退社ができる仕事か、フリーランスで仕事のペース配分を自分で好きに決められる仕事か、どちらかがいいなと考え、現在デイトレーダーという道を選びました。

辞表を会社に提出し、彼女にもプロポーズ。

今では家にずっといてできる仕事を選んだ私をうらやんでいます。

 

私の例では彼女のためにでしたが、人によっては

奥さん、子供、家族、はたまたペット、友人、など人によって大切にしているものは違います。

しかし、大切なものを守りたいという気持ちは同じです。

大切なものを守るためにも、定時で帰る仕事を選びましょう。

従業員が嫌いになった

これも会社を辞める理由の中の大きな一つです。

仕事内容は嫌いではなかったです。

仕事内容は医療関係でしたが、大学で医学を学んだことはありませんでした。

就職して仕事のために勉強するなかで

「医学っておもしろい」「人体の勉強ってこんなにも楽しいんだ!」

と帰宅して時間を忘れるほど勉強していました。

しかも勉強した内容が翌日すぐに実践でいかせられるというおまけつき!

天職だとも思ったことがあります。

なので仕事内容自体は好きでした。

嫌いなのは従業員、同じ職場で働く人、上司、部下、同僚。すべての人を嫌いになってしまいました。

中には私のことを助けてくれようという人や親身になって相談に乗ってくれる人。もちろん上司も私のことを成長させようと思って、厳しい言葉を投げかけてくれていることは知っています。

私のことを追いつめてやろうなんてこれっぽっちも思ってないです(きっと)

苦しめて地獄に叩き落してやろうとは考えてないはずです(たぶん)

けれど、それ以上に本能が理性を通り越して嫌いだという思いがあふれ出てしまうのです。

普段はきっといい人なんです。仕事場ではなく、日常生活で友人になったり、知り合ってお話するような仲であれば、ここまで嫌悪感を抱くことはない方々です。

いざ仕事が絡むと、嫌な部分を見てしまったり、感じてしまったり、被害妄想にとらわれてしまったり。

仕事は本当に人を変えてしまうと思います。

厚生労働省の調査でも仕事を辞める理由として

・職場の人間関係

が上位だと発表しています。

ただ、もし人間関係が辛いけど、仕事内容は好きだという人は仕事を辞めるのではなく、転勤や部署を変えてもらうだけで、がらっと環境が変わることがあります。

私もお世話になった上司に仕事を辞めようかと思うと相談をしたところ

「仕事は環境だ」と言われ、引き留めてくれたことがあります。

選択肢を増やすことで楽になるかもしれませんし、意外と人事権を持っているような上司なら会社を辞めると言われた時にこれ以上人手不足を悪化させないためにも、異動をかけてくれる可能性は高いと思います。

やりたいことがみつかった

これも一つの理由です。

学生時代からなにか自分でやってみたい!起業してみたいなと思う質でしたので、仕事をしていながらも自分で稼ぐことを考えていました。

その中の一つが株、デイトレーダーになることでした。

最初は副収入になればいいやというくらいに思い株に手を出しました。

しかし株に関して調べていく中で、休日できる日はトレードを重ねる中で、面白さに気づきのめりこんでいる自分に気づきます。

しかも株を始めるために最低限の設備としてスマホがあれば十分!

そして上は億プレイヤーがうじゃうじゃいる。

実は日本で億を稼いでいる半数以上がデイトレーダーや株を売買している人たちです。

夢がある世界に自分も挑戦してみたいという思いも仕事を辞めようと思ったきっかけの一つです。

実際熱意だけで結果は出るような世界ではありませんでしたが…(笑)。

まとめ

以上が私が仕事を辞めようと思ったきっかけです。

順位的にどれを一番に…というわけでなく、どれも重なって退職を決意しました。

なかなか仕事を辞める決意が固まらない方も多いと思います。

へーそういう理由もあったんだと思っていただければ幸いです。

そして、自分にとって何が本当に大切なのか考えてほしいです。

 

 

しかし、仕事を辞めてデイトレで生きていこうと思うことは決しておススメは致しません(笑)。


転職・キャリアランキング