ブラック上司はこう乗り越えよう!

社会において人間関係ほど煩わしいものはないと思います。

中でも私は人間関係に得に気を遣いすぎてしまうがあまりにストレスになることが多々ありました。

そして、上司との関係も上手に築くことができずに…

人間関係を上手に作ることができる人を本当に羨ましく思います。

また、ブラック企業だけでなくブラック上司という言葉もちらほら耳にします。

同じ会社なのに営業所によって厳しい、厳しくない、ノルマを達成する、できていないなどがあるようにそれは上司の采配によるものだと思います。

「あそこの営業所は厳しいけど、しっかり結果を残す!」

ならいいでしょう。中の人間はどのように思っているかはわかりませんが、結果はついてきています。高い向上心さえあれば、きっと成長することができると思います。

「あそこの営業所は厳しいけど、結果がついてきてないよな…」

結果も伴わない長時間残業や、無理難題を押し付けてくる上司と当たった日には、つらい日々を過ごすことになるでしょう…。

そんなブラック上司と当たってしまった場合、どのように回避したらいいでしょうか?

ブラック上司とは

・できもしない無理難題を押し付けてくる

・自分自身に能力がないのに、他人には過大な期待をする

・叱るのではなく怒ってくる

・人間性を疑うような発言をする

・長時間フルパワーで説教をしてくる

・自分が休日にも関わらず業務のことについて連絡をしてくる

このあたりが当てはまるとブラック上司でしょうか。

もちろん他にももっとあると思います。あなたの会社にもほら…。

意図があったうえでの説教やお叱りの言葉なら、こちらも成長のためですので耳を傾けようと思います。

しかし、ただ感情に任せて、自分には能力がないくせに、長時間もだらだらと、怒りをぶつけてくるような上司ならどうすればいいでしょうか?

逃げろ逃げろ逃げろ!

とにかくそういう人にあたってしまったら逃げるのが一番です。

少なくとも歴があったり、わずかながらでも実績を残したという過去があるので、あなたの上司になっています。

会社からしてもやはりあなたよりも上司のことを尊重する気持ちはあると思います。

なので、その上司と戦っても逆に会社が味方してしまうというケースがでてきてしまっては、こちら側が不利になってしまいます。

場合によっては上司にたてつく生意気部下というレッテルを貼られてしまう可能性があります。

そこでここはこちらが折れるという形をとって、逃げましょう!

もちろん逃げ方は様々あると思います。

その上司から逃げる方法は、異動をかけてもらうこと。

人事権がある会社の人に相談してみてはいかがでしょうか?

あとは会社を辞めてしまうという手段です。

ちなみに私は後者です。

会社としても改変期でものすごく忙しく、そこに鬼上司が重なったことによって、体調を崩してしまいました。

会社も悪い方に転がっていると思ったので、いい機会だったといえばいい機会でした。

もちろん辞めて正解だったと思っています。

実力で抜く

真っ向勝負はいけませんが、もう一つブラック上司と戦う方法としては、実力で優ってしまうということです。

ブラック上司として君臨できているということは、あなた以外の方もその上司のことをブラック上司だと認めている可能性があります。

実力でその上司を抜いてしまって、会社として影響力があなたの方が勝った場合、一気に立場を逆転することができるでしょう。

そうなった場合、その上司は

「ただ怖い人」

に陥れることができます。

あなたなら

・すごく怖いけど、全然仕事ができない上司

・最近実力をつけてきて、なんならその上司よりも仕事ができる部下

のどちらについていこうと思いますか?

その上司よりも仕事ができるようになって、見返してやりましょう!

完璧なブラック上司

仕事も人格も完璧、仕事においては非の打ち所がありません!

ただ仕事に対して厳しすぎる…

欠点がない人という方も中にはいます。

仕事もでき、人心掌握もうまい、人柄も優れているけど、優しくない…

そんな上司にあたってしまった場合は

・上述の通り逃げる

・ここは成長するチャンスだと思い、踏ん張る

の二択でしょう。

特に休日まで連絡が来る、体調を崩しているにも関わらずさらに追い打ちをかけてくるように怒る、社会人として使ってはいけない言葉でののしってくる。

ということもなく社会人としてできて当たり前のマナーを守ったうえで、厳しくあなたに指導してくるのであれば、それは成長するチャンスかもしれません。

耐えられなくなるまで頑張る必要はないですが、きっとここで踏ん張って頑張ると、その上司ならあなたを成長させてくれるはずです。

ここは守りの姿勢でぐっと耐えましょう!

まとめ

ブラック上司にあたってしまった場合は、その上司があなたにとって有益なのかをしっかり考え、正しい身の振り方をしていきましょう。

ただどのような上司があなたの上に就くかは、実際にその部署に、会社に行ってみないとわからないですが。

そして、万が一自分がブラック上司になってしまっているという自覚のある方は、それが本当に部下のためになっているのかというのをぜひ一度考えてくださいね!